音楽と私 ver3.1

洋楽(ハードロック、ヘビーメタル、プログレッシブロック)を動画付きで紹介します

Damanek - Skyboat

先日私のTwitterで書いたのですが、昨日投稿したジェスロ・タルのボーカルイアン・アンダーソン氏と今日紹介するDamanekのガイ・マンニング氏の声がそっくり過ぎて、最初イアン氏が参加しているバンドだと勘違いしました。

そうしたらこんな記事が。

 ザ・タンジェントへの参加で知られるガイ・マンニング(vo、kbd、ac-g etc.)を中心としたプロジェクトの、「On Track」('17)に続く2nd。SOUTHERN EMPIRE のSaen Timmons (kbd)等を迎えたバンド・スタイル(ルーク・マシン/gも4曲ゲスト参加)にて、フロイド、ジェネシス等'70sプログと、'80sポップを融合した、非常にセンスの良いサウンドを展開している。I.アンダーソン風の歌声も印象的な秀作である。

wdisque.shop-pro.jp

 やっぱり似ている。

良かった。私の耳はいい線いってるw

 

では、Damanekの曲をお聴きください。


www.youtube.com

Jethro Tull - Roots to Branches

今日紹介するのは、Jethro Tullです。

イギリスプログレ4天王、5大バンドから一つずれていますが、大御所です。

紹介というかおすすめの曲はいくらでもあるのですが、私の原体験、つまり初めて聴いたアルバムの1曲目、これがとても印象に残っています。

以前紹介したラッシュもそんな感じで世間では低評価に近いアルバムです。

でも、この曲が好きです。

ボーカルとフルートがたまらんのです。

 

では、お聴きください。


www.youtube.com

Pink Floyd - Speak To Me / Breathe (Recorded at Live 8)

今日紹介するのは特別中の特別。

忘れもしない2005年のチャリティーコンサートLIVE 8(ライブ エイト)から。

リユニオン・ピンクフロイドのSpeak To Me / Breatheです。

ピンクフロイドは、デヴィッド・ギルモア(ギター・ボーカル)と、ロジャー・ウォーターズ(ベース・ボーカル)が分かれてしまってからはほとんど交わることがなかったのですが、この日、世界生放送でリユニオンの演奏を見ることができました。

背筋ゾクゾク、涙を流して観ていたのをよく覚えています。

この前後にメンバーが多少クロスオーバーしていますが、ちゃんと全員が集まったのはこれが最後だったのではないかと記憶しています。

 

ではお聴きください。

 


www.youtube.com

BLIND EGO - Moon and Sun

今日は私の持つ情報がほとんどないアーティストを紹介します。

ドイツ出身でBLIND EGOというプロジェクトです。

メンバーは、ピンク・フロイドのファロワーであるRPWLというバンドのギタリストKarlheinz "Kalle" WALLNER氏。

何経由でここにたどり着いたのすっかり忘れてしまったのですが、がっちり心をつかまれました。バラードでいいのかな?

 

では、お聴きください。

 


www.youtube.com

Europe - Start from the Dark

今日紹介するのは、好きでなく非常に残念な曲です。

 

ヨーロッパは明るく、キャッチ―でとても聴きやすい音楽性であったはずなのですが、長い休眠期間が明けた後のアルバムが暗くて愕然としました。

 

そしてボーカルのジョーイ・テンペスト氏からは、本来こんな曲が作りたかったというニュアンスの言動がありました。

正直かなりショックでした。

 

では、お聴きください。

暗いです。

 


www.youtube.com

高校生編⑬ Europe - Seven doors hotel

今日はヨーロッパを紹介します。

曲単位で紹介するブログなのに何故かバンドについて少し書くようになっている今日この頃。

あまり宜しくない。

何故なら、検索して情報の裏をとるから。つまり手間がかかる。続かなくなる。

 

それはともかく、ヨーロッパというバンドの曲は恐らくテレビを見ていれば誰しも聴いたことがある曲を持つ。THE FINAL COUNTDOWNだ。

が、今日紹介するのは、1stアルバム 幻想交響詩 EUROPE (1983年)からSeven doors hotel。私は歌詞を読まないのだが、Seven doors hotelとは何だろう。

歌詞の中にone of seven gates to hellとあるので、まあ、ただのホテルではないと思われる。

(なんて文章だ。悲惨極まりない)

 

では、お聴きください。

 


www.youtube.com

高校生編⑫ Blind Guardian - Somewhere Far Beyond

今日はBlind Guardianを紹介します。

ジャーマンメタルの雄、ハロウィンと双璧をなすバンドです(でした?)

 

ブラインドガーディアンは最初の5枚ぐらいでストップしています。

その中でもサムホェア・ファー・ビヨンド(Somewhere Far Beyond)1992年と前作Tales from the Twilight Worldは私のマスターピースです。

 

このアルバムトラックは何百回聴いたかわかりません。

高校生のしょぼいコピーバンドでは再現など到底無理でチャレンジすらしていません。

 

いやーかっこいい。

ではお聴きください。

 


www.youtube.com

Annihilator - Brain Dance

危ない危ない。投稿を忘れていました。

今日は暇なのになんだか忙しかったです。

昨日紹介したアナイアレイターの3rdアルバムから狂気な曲を紹介します。

ボーカルはとても上手いのですが、このアルバム以外で目立った活動をしていないようです。

 

では、お聴きください。

 


www.youtube.com

高校生編⑪ Annihilator - Set The World On Fire

アナイアレイター、世間的にどのくらいの認知度があるのだろう。

スタジオアルバムは15枚以上出ているので、世界では間違いなく有名であろう。

 

私が出会ったのは、Set the World on Fire (1993)。

かれこれ20数年このアルバムを飽きずに聴いている。

なんど聴いてもまた聴きたくなる。

速い曲、尖った曲、狂った曲、そして超名バラード。

名盤である。

しかし、私はこのアルバムしか聴いていない。

何故かというと、次のアルバムのタイトルトラックがダサく感じてしまい、それ以来興味がなくなってしまったのだ。

たぶん、物凄く損をしていると思う。これを機会に聴き返してみようか。

 

今日は、この大好きなアルバムからタイトルトラックを紹介します。

では、お聴きください。

 


www.youtube.com

高校生編⑩ Rush - Tom Sawyer

今日はRush - Tom Sawyerを紹介します。

 

これまでハードロック・ヘビーメタルの超基本を紹介してきましたが、そういえばプログレデビューもしていたと思い、差し当たりRushを持ってきました。

 

Rushは、カナダ出身のトリオバンドで、メンバーはGeddy Lee - ボーカル/ベース/キーボード、Alex Lifeson - ギター、Neil Peart - ドラムス/パーカッションになります。

1974年にプロデビューし、基本メンバー変更はありません。

ジャンルはプログレッシブロックかと思います。

構成が複雑で単純に手でリズムを取っていると、あれっとなる瞬間が沢山あります。

なんという表現(語彙力)の仕方・・・。

書いててまとまらなくて数日温めてこれですから・・・。

 

Rush聴くならまずこれからといった感じで、1980年のPermanent Waves、1981年のMoving Picturesを聴きこみました。

Tom SawyerはMoving Picturesの1曲目です。

 

Rushは20枚近くのスタジオアルバムを出していますが、流石に全部は理解しておらず、偏りがあります。次に紹介するときは、その辺の癖がでるかと。

 

ちなみに、ドラムのNeil Peart氏はお亡くなりになっており、Rushとしての活動はもうないかと思います。

 

では、お聴きください。

 


www.youtube.com

Skid Row - Quicksand Jesus

頭痛くて撃沈していました。

ロキソニン2回飲んでも効かない・・・

 

今日は、Skid Row - Quicksand Jesusです。

私はSkid Rowに関しては2nd,3rd派なのですが、2ndのバラードの良さは群を抜いて抜群です。25年聴いていても飽きないし、鳥肌が立ちます。

もう一曲はWasted Timeです。

どちらもたまらんです。

ではお聴きください。

 

 


www.youtube.com

Metallica - Whiplash

今日も番外編です。

すみません。

高校生編を完結させたいのですが、当時の記憶があいまいで・・・。

その中でも記憶のある1曲を紹介します。

ライブ映像があるのでこちらを。

これ高校生の時やったんですよ・・・できてなかったんだろうな。

 


www.youtube.com

The Mars Volta - Inertiatic Esp

王道のメタルやハードロックを浅く広く聴いて、これから何を聴こうか迷っていた時に、last.fmという音楽サービスにたどり着きました。

(私の認識違いでなければ、)自分の聴いている音楽から類似するバンドを紹介してくれる機能があり、そこでこんなバンドあるんだ、まだまだ世界は広いんだと自分の浅はかさに気が付かされました。

 

その中のひとつにThe Mars Voltaというバンドがあります。

正直、何枚スタジオアルバムがあって、どんな経緯でバンドが組まれたか、今活動していない理由は何かを詳しく知らないのですが、とにかく頭をガツンと殴られた一曲でした。

そして、このlast.fmというサービスで、人生5本指に入るバンドに出会いました。

それはまた別の機会に。

 

では、お聴きください。

 


www.youtube.com

Liquid Tension Experiment - Acid Rain

今日は、Liquid Tension Experimentというバンドを紹介します。

ドリームシアターよりこちらを先に紹介するのはどうかと思う・・・)

 

メンバーはドリーム・シアターのマイク・ポートノイ、ジョン・ペトルーシ、キングクリムゾン等のトニー・レヴィン、キーボードのジョーダン・ルーデスの4人で、凄腕テクニックを駆使するインストバンドとして登場しました。

後に、ジョーダン・ルーデスがドリーム・シアターに参加した為、バンドは解散しましたが、マイク・ポートノイがドリームシアターを離れ、そしてこのコロナ禍で22年ぶりにスタジオアルバムを発売し、話題になっています。

 

と書いては見たものの、実はあんまり聴きこんだわけではなく、今日紹介する曲が好きなので取り上げました。

キーボードがとても印象的な曲になっています。

 

ではお聴きください。ドリームシアターは後日。

 


www.youtube.com

Guns N' Roses - Chinese Democracy

用意していたものがあったのですが、ちょっと調子が悪いので急遽差し替えます。

 

ガンズアンドローゼス、超超超難産だったスタジオアルバム2008年チャイニーズ・デモクラシー(Chinese Democracy)からタイトルトラックを。

このアルバム、結構良作です。

 

スラッシュとダフが復帰して約5年経ちましたが、スタジオアルバムが出るのか。

また難産になるのか。長生きしないと(笑)

 


www.youtube.com